高速バスの乗り方

安く長距離を移動できる高速バスですが、バスの種類によっては長時間狭い座席に座らなければならず、夜通し移動する場合は、車中で睡眠を取る必要があります。そのため高速バスを利用する際は少しでも快適に乗ることが出来るように、前もって準備しておくことが大切です。
バスの選び方から専用のグッズなど、出来る準備は全て済ませて、少しでも快適な移動にしてください。

高速バスを利用する上で、身体の負担を減らすことは非常に重要です。例えばリクライニングを使う際は、座席を倒しすぎると身体がずり落ちてしまい、体勢が崩れて余計に身体に負担がかかるので、ある程度の角度を付けることが大切です。
さらに休憩時間がある際は、用が無くて一度は降りて、ストレッチなどで身体を動かすことで、身体の負担を解消することが出来ます。他にも靴を脱いで足の血行を良くしたり、ブランケットを用意して身体を温めるなど、事前の準備で快適さは大きく変わります。

構想バスの路線は複数あり、バスの種類やルートによって身体にかかる負担にも大きな差が現れます。当然移動時間が短いほうが身体にかかる負担は少ないですが、代わりに休憩時間が極端に短いこともあるので、移動の工程は必ずチェックしておきましょう。
バスの座席も料金が高くなるごとに快適になることが多いので、より快適な座席に座りたいときは、3列シートのバスを利用するか、より料金は高くなりますが、特殊な座席を用意している2列シートのバスを探してみましょう。